English | 日本語

J-BILAT 2012年第4回セミナー

日時と会場:
2012年9月12日(水)10:00 ~ 16:00 (受付開始 9:30)
安保ホール501AB号室(名古屋) 〒450-0002名古屋市中村区名駅3-15-9
http://www.abohall.com/

主催: J-BILAT プロジェクト

対象:
大学及び公的研究機関、企業の研究開発マネージャー、最大 50名

使用言語: 日本語または英語、同時通訳無

details プログラム pdf file

国際協力プロジェクトにおける科学・技術マネジメント:背景と実践


趣旨:
J-BILAT の今年第4回のセミナーは、これまでとは目的や対象を変え、リサーチアドミニストレーター向けトレーニングコースとして開催致します。日本でも多くの機関が参画する国際プロジェクトや産学連携等において、プロのプロジェクトマネージャーの育成の必要性が認識されています。例えば、文科省でもリサーチ・アドミニストレーター(URA)を育成・確保するシステムの整備に助成をされていますが、拠点形成に重点が置かれ、コンソーシアムでの人材育成はあまり行われていません。本コースは、特にFP7を含めた欧州に於けるプロジェクト管理の背景の解説と参加型のコースとによって、マネージャー間の交流促進と日欧連携プロジェクトの支援強化に寄与する事を目標とします。

概要:
10:00-10:10 開会の挨拶と趣旨説明 
Opening and orientation
日欧産業協力センター 次長、J-BILAT プロジェクト代表 ファブリツィオ・ムラ
Dr. Fabrizio Mura, EU-Japan Centre for Industrial Cooperation
10:10-10:30 グループ分け、ウォーミングアップ
Grouping and warm-up
第1部: 科学・技術マネジメント: 考え方と技術
Part I: Management of science and technology: philosophy and arts
10:30-10:50 サイエンスマネージメントはなぜ重要か?国際的視点と経験から
Why does science management matter? International Perspectives and Experiences

ドイツ研究振興協会(DFG)日本代表部 代表 イリス・ヴィーツォレック 氏
Dr. Iris Wieczorek, Director, DFG Office Japan, German Research Foundation (DFG)
10:50-11:50 日本のサイエンスマネージャーに期待すること
What I expect from science managers in Japan

科学技術振興機構 PO研修院 院長 高橋 宏 氏
Dr. Hiroshi Takahashi, Director, Program Officer Academy, JST
11:50-12:30 サイエンスマネージメントはなぜ重要か?個人的経験と実践 Why does science management matter? Personal Experiences and Exercise
ドイツ研究振興協会(DFG)日本代表部 代表 イリス・ヴィーツォレック 氏
Dr. Iris Wieczorek, Director, DFG Office Japan, German Research Foundation (DFG)
12:30-13:30 昼食 
Lunch
第2部: FP7 プロジェクトの管理
Part II: Managing FP7 projects
13:30-14:45 FP7 プロジェクトのライフサイクル管理
Managing the FP7 project life-cycle

MONTROIX 株式会社 取締役 ラド・ファレティチュ 氏
Dr Rado Faletič, Director, Projects & Communications, MONTROIX Pty Ltd
14:45-15:15 休憩 Break
第3部: 文化の違いへの対応 – 強みとしての文化的多様性
Part III: Coping with cultural differences - cultural diversity as a strength
15:15-15:55 グローバルなチームに於ける文化的多様性への対応
Handling cultural divergences in global teams
日欧産業協力センター 次長、J-BILAT プロジェクト代表 ファブリツィオ・ムラ
Dr. Fabrizio Mura, EU-Japan Centre for Industrial Cooperation
15:55-16:00 結論及び結辞
Conclusion and closing
日欧産業協力センター
EU-Japan Centre for Industrial Cooperation

コンタクト:

市岡 利康、PhD
プロジェクトマネジャー(J-BILAT担当)
Tel: +81 (0)3 6408 0281
Fax: +81 (0)3 6408 0283
E-mail: click here

This website is maintained by the EU-Japan Centre for Industrial Cooperation. All rights reserved. 最終更新日: 19-02-2017
コンタクト